ryu tamakiのブログ

ひとりでも多くの人に有益な情報をお伝えしたい!!

『24時間換気システムの故障?』

 

どうも、玉木龍です(^^)

 

 

今回は、『24時間換気システムの故障?』について

記事にしてきます!!

 

 

多少築古のアパートであっても設備として

『24時間換気システム』が付いていることがあります。

 

お風呂場の壁や天井に四角い機械はありませんか?

そう、それが『24時間換気システム』です。

 

また、木造2×4工法の建物ですと法令で取付けが義務付けられています。

各部屋から吸気しお風呂場で排気を行うことで、

湿気が籠るのを防止しカビの発生を抑止する効果があります。

 

 

暑い日が続くお盆休み前のある日、入居者から一本の電話がありました。

 

 

「24時間換気が突如止まってしまった」

 

 

24時間換気システムのリセット、ブレーカーの上げ下げを

試してもらいましたが改善されません。

 

入居者へのヒアリングを再度行うと

換気システムが止まる前に『雷雨があった』ことがわかりました。

f:id:ryutamaki:20190819203938j:plain

 

念のため他の世帯への状況確認を実施したところ

8世帯中2世帯で同じ現象が発生していることが判明したのです。

 

 

偶然でしょうか?

 

 

換気システムのメーカーに問い合わせます。

 

「同じアパートで同じタイミングで24時間換気が作動しなくなった」旨説明、

また「作動しなくなる前に雷雨があった」旨も話しました。

 

 

メーカーの回答はこうです。

「近くに雷が落ちて基盤がやられた可能性がある」

 

 

精密機械は過剰に電気が伝わったりすることで故障することがあるそうです。

今回の現象はそれに該当しました。

 

後日メーカーに来ていただき、基盤を交換したところ正常に稼働しました。

 

私も入居者も一安心です(^^)

 

今回は24時間換気システムが故障しましたが、

パソコンや電話機などでも同じ現象が起こりうるそうです。

 

修理に掛かった費用は『オーナーの落雷保険』の適応内でした。

必要な書類は下記のとおりです。

 

①損害証明書

 修理した業者が発行してくれます

②写真

 損害部分の写真や建物写真

③見積書(請求書)

 

※保険会社によって必要書類が異なりますので要確認です。

 

 

オーナーがアパートの保険に入るタイミングはアパート完成時です。

オプションで落雷や自然災害、浸水や地震などが選べますが

ケチらずに全部入っておいたほうが良いですよ!!

 

アパート経営の肝は『収支を安定させる』こと。

突発的に何かの修理費用が出てくるようでは健全なアパート経営とは言えません。

予算化できるものは予算化する。

逆にできないものは保険等を利用して万が一に備えましょう(^^)

 

 

今回はここまでです!!